カナダ紅葉の旅ローレンシャンへ紅葉の美しさにため息の連続でした

Pocket

カナダの紅葉ローレンシャンの紅葉の期間がすごく限定されているので、1年前にホテル・電車を申し込みました。

前日にLAからシカゴまで3時間、シカゴからトロントまで約3時間でトロントに着きました。

乗り継ぎの時間まで入れると一日がかりになりますね。

空港から電車で25分の郊外のホテルを取ったので、トロント空港を降り電車のマークを目指して乗りました。

ところが、乗って2駅で元の場所に戻ってしまい、良く見たら空港内を走る電車でした。

それから空港の案内の人がいたので聞き、郊外を走る電車に乗ってやっとホテルに到着、初日からバタバタな一日となりました。

 

10月5日 トロントからモントリオールへ

郊外のホテルを取った理由は、モントリオールに行くVIA鉄道駅が空港付近ではなく郊外だったからでした。

5日はトロント発08:35amに乗り約5時間、森や林が続きそれが途切れると,とうもろこし畑が続き、また森林になり飽きることりとのない車窓でした。

発車すると、車内販売が来て、コーヒー、ジュース、サンドイッチなどを売っていたので、朝食件昼食をとりました。

途中幾つかの駅に停まり13:35pm時間どうりにモントリオールに着き、地下街を通り5分でホテルに着きました。

その後、思ったより寒くなかったので、観光客で賑やかなモントリオールの町に出てカソリック教会、歴史のあるマギル大学その後、旧市街にあるノートルダム寺院に行きました。

パリのノートルダム寺院とそっくりに作られていて、入り口の係りの人が、今ミサが行われているけどいいですか?と聞いたので、良いです、と答えて中に入りました。

中に入ると、壮大な教会でのミサに思わず感動し、信者の方々と祈りを共にしました。

ここはフランス人が多く移民した町のため、フランス語が公用語で、看板を見ても何か聞いてもフランス語、全くわからずじまいでした。

さあ、明日はいよいよ紅葉の山へ行くので、朝6:30分にモーニングコールを頼みました。

 

10月6日モントリオール駅から紅葉を見にローレンシャンへ

メープル街道ローレンシャン観光は、個人で行くのは難しいと考えて、ツアーに前もって申し込みました。

朝、07:50amにVIA鉄道モントリオール駅からバスに乗って、カナダ紅葉で最も有名なローレンシャンのレンプランビレッジに約1時間で着きました。

途中、紅葉がだんだん綺麗な色になっていくのを眺めながら、日本人ガイドさんの説明で、ケベック州の成り立ち、フランス人が移住した理由など詳しく聞きながら楽しく過ごしました。

レンブランビレッジは、有名なスキー場でビレッジに着くと、ゴンドラ乗り場が目の前にあります。

ゴンドラは小さな箱に立って乗る簡単な乗り物で5分程度ですが、紅葉に囲まれての5分間は、紅葉のあまりにもの美しさにため息ばかり、言葉も出ませんでした。

ゴンドラを降りると絵本に出てくるようなカラフルな屋根のレストランやスキーショップが並ぶ広場に出ます。

それから更にしっかりとした本物?のゴンドラに乗り換え、山頂に着きました。

山頂は、大きなレストランがあるほかは何もなかったのと、肌に突き刺すような冷たい風がビュービュー吹いていたので、すぐゴンドラに乗って下に降りました。

その後、ツアーの仲間と一緒にランチを取り、お腹も一杯になったところで、オプションのボートに乗るためレイクローレンシャン湖に行きました。

ボートには飲み物もあり、湖に映える紅葉がまた美しく、1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ツアー仲間には、ここのビレッジに何泊かする人もいて、機会があったら紅葉に囲まれたビレッジにぜひ泊まってみたいと思いました。

3:30pmにバスに乗り、モントリオール駅に6時に着きました。

 

10月7日 トロントに戻りました

朝8;55amのVLA列車に乗って、トロントに戻りました。

途中駅で、日本人観光客のツアーがキングストン駅に降りたので、多分ボストンに行くのでは?それもいいコースですね。

約5時間の車窓は行きと全く同じですが、紅葉の色が少し濃くなっていました。

午後2時、行きより長く感じた列車はやっとトロントに着きました。

駅前のホテルにチェックインし、すぐ市内観光に出かけました。

まず、トロント観光人気スポットNo.1のCN タワーへ、スリムなロケット型タワーは、上を向いて歩かないと気が付かないほどの高さでした。

タワー入り口に入っていくと、エレベータであっという間に展望台に着きました。

トロント市内をぐるっと眺められる雄大な景色に見とれながら、ゆったりとした時間を過ごし、タワーを降りて市内を散策しながらチャイナタウンに行き、中華料理を食べ、ホテルに戻りました。

 

まとめ

明日、トロントからソルトレイク経由でロスアンゼルスに戻ります。

カナダの紅葉ローレンシャン観光はお天気にも恵まれ、360度の紅葉の山々に大満足の旅となり、まだまだ大自然が一杯残っているローレンシャンは、身も心もレフレッシュできた忘れられない旅となりました。

ローレンシャンの紅葉は、1週間過ぎると上からどんどんはげ山になり、やがてスキーシーズンを迎え、また大勢のお客さんでに賑やかになることでしょう。

カナダの山々が温かく迎えてくれたように感じた紅葉の旅でした。