大槻昌彦白亜5臆円の豪邸自宅の場所はどこ?内縁の妻の名前や顔画像は?

大槻昌彦白亜5億円の自宅はどこ
Pocket

大槻昌彦白亜5臆円の豪邸自宅の場所はどこ?内縁の妻の名前や顔画像は?

酒井法子との交際が発覚した大槻昌彦氏の自宅が豪邸とか、内縁の妻がいたとの噂は本当なのでしょうか。

5億円の豪邸を建てられるの会社はどこ?年収はどのくらい?などちょっと興味がありますね。

地中海風の白亜の邸宅は、ステンドグラスがひとは目立つそうで、採光が程よく室内に入ってまろやかな明るさのあるリビングでしょうか。

大槻昌彦白亜5臆円の豪邸自宅の場所はどこ?内縁の妻の名前や顔画像は?について調べてみました。

 

大槻昌彦の白亜5臆円の豪邸自宅の場所はどこ?

白亜の豪邸の場所は東急沿線の高級住宅街にあり、地中海風の3階建てで、夜になるとステンドグラスが遠目ながらもめだつ超豪邸のようですね。

2018年に東急沿線に白亜の自宅5億円の豪邸を建てたということは、結婚を考慮してのことだったのでしょうか。

東急沿線と言えば、商社マンや一流企業に勤めている人が多く住んでいるところで、街の雰囲気も洗練されていますね。

大槻昌彦白亜5億円の自宅はどこ

東急沿線に渋谷から乗ると、駅に停まるたびにセンスの良い主婦が友達と乗ってくる姿をよく見かけます。

友達同士子供の話になると、お受験の話で盛り上がっているご婦人をよく見かけますが、皆さん大変熱心に学校のに情報を交換し合っています。

そんな住宅街に、一年半をかけて地中海風の3階建て邸宅は、大槻昌彦氏の好みを入れて建てたそうで、地元でも話題になっているようです。

大槻昌彦氏は、自宅に社員を呼んで良くパーティーを開いてたそうで、それだけの邸宅ならだれでもお客さんを招きたくなりますね、きっと社員の面倒見もいい人なのでしょう。

パーティーに招かれた人の話では、最近まで内縁の妻がいたそうですが、今はどうなているのでしょう。

 

大槻昌彦の内縁の妻の名前や顔写真は?

最近まで内縁関係の女性がいたようで、年齢は推測ですが大槻昌彦氏より年上のようで中国出身、最近中国に帰ったようです。

社員は大槻昌彦氏の自宅に招かれたとき、出てきた女性を奥さんと呼び、玄関が開くと2匹のワンちゃんがしっぽを振って奥さんと一緒に出迎えたとか。

SNS で海外で新生活をスタートしましたましたという内容を載せています。

2019年10月に中国に帰ったということは、今噂がたっている酒井法子との関係があったのでしょうか。

内縁の妻の名前や顔写真は、今のところ見受かっていません。

一流企業で責任ある立場の大槻氏がプライベートなことは公表しないのは、当たり前ですね。

 

大槻昌彦の会社は年収が凄い

大槻昌彦氏の会社は日本M&Aセンター株式会社です。

M&A と聞いてもピンとこない方もいると思いますが、私も全く分かりませんでした。

MはMergers「合併」 and AはAcquisitions「買収」という意味で、企業の合併買収のことになります。

中堅・中小企業の友好的M&A支援実績で最大手の仲介会社といわれています。

日本M&Aセンターは、1991年に中小企業を対象にしたM&Aを紹介する会社で東京証券所市場一部上場企業、中堅中小企業のM&A仲介では最大手、公認会計士や税理士が共同出資して創立されました。

全国の中小企業や中堅会社の有効的M&Aを支援している会社です。

今も業績は順調に伸びており、社員の中で雑誌やメディアに掲載された方もいます。

大槻昌彦氏は、入社11年で専務取締役に昇進され、超エリートですね。

 

日本M&Aセンターの年収が高いのはなぜ?

社員の平均年収は1319万円以上といわれていますが、普通の会社員よりかなり高い年収ですね。

その理由としては、業績が順調だということもあるでしょうが、基本給が一般サラリーマンより高いです。

大卒で月給28万円、大学院卒で月給29万円の初任給になっています。

それ以外にインセンティブが加算されるので、人によっては年収1000万以上になります。

社員の平均年収は昨年1319万5000円であることから、給料̟+インセンティブの金額が大きいということですね。

「インセンティブ」とは報奨金の意味で,M&A の仲介が成約できると給料に加算されます。

大きな成約を取れば、それだけ給与金額が多くなり年収が上がります。

社員数580名、売上高284億円。経常利益125臆とか年収高いのは納得できますね。

 

女性社員はどんな仕事をしているの?

女性社員の多くは、内勤のインサイドセール室に入りますが、大卒は月給25万円・大学院卒で26万円の初任給になっています。

インサイドセールス室は、M&Aの見込み客の発掘の業務と取引のある会社に対して情報を提供したり、顧客との長期のフォローを担当する部門です。

女性社員が多く活躍している部門になります。

 

大槻昌彦は転職組

1970年 大阪生まれで横浜国立大学教育学部卒業、住友銀行(現在は三井住友銀行)に入社、中小企業などの問題解決や解法・解答などの営業部門担当をしていました。

2006年 日本M&Aセンターに入社。住友銀行時代に培った営業に携わり、7年後取締役法人事業部長に就任し、常務取締役を経て、2017年専務取締役 営業本部長に就任、現在に至ります。

入社11年で専務になられたとは、すごいすスピードですね。

おもに譲受企業のアドバイサーとしてM&A成約を100件以上の成約をされたそうで、学生時代、アメフト部活で活躍されたとか、そのパワーでとんとん拍子で出世されたのでしょうか。

年収も6000万円と言われていますし、今までの日本の年功序列とは全く違う、アメリカと同じ会社形態の様な気がします。

アメリカは、転職するのは当たり前、給料の高い会社があればどんどん転職して、高給取りになっている知人を見ていますが、働き方は半端じゃないです。

大槻昌彦氏は、専務という役職を得られたのですから、これからは転職はされず、M&Aで活躍されることでしょう。

共同著書者で「最新版 中小企業のためのM&A徹底活用法」も出しています。

大槻昌彦はくあ

 

まとめ

現在も順調に伸びている会社のようです。

大槻昌彦白亜5臆円の豪邸自宅の場所はどこ?内縁の妻の名前や顔画像は?についてお知らせしました。

大槻昌彦氏は、M&Aセンターの専務取締役であり49歳になり、そろそろ落ち着きたいと思ったのではないでしょうか。

豪邸の白亜の自宅で、これからどんな生活をされるのか、本当に酒井法子さんと結婚するのか、注目されますね。

大槻昌彦白亜5臆円の豪邸自宅の場所はどこ?内縁の妻の名前や顔画像は?について調べてみました。