胃もたれ胃痛は、加齢も原因。食事の量には気をつけましょう

Pocket

私は先日、久しぶりに3人の友人とバッフェスタイルのランチに行きました. 我々中高年の仲間にとって、料理のおいしさは勿論、静かで3時間以上粘れる事が最も求める条件です(笑)さいわい客席との間が広く、大声出さなくても話ができるVレストランに決めました。ランチのために朝食も摂らず早めに行きました。

バッフェスタイルの食事は、要注意です

11:30分に開きますが、11:15分ごろ行ったら、もう15人ぐらいの人が、立って待っているのにはちょっと驚きです。でも大丈夫、100人ぐらいは入れる、ここで最も大きなレストランです。メニューも豊富で、まずモンゴリアンスタイルの炒め物、次のコーナーは寿司、次は中華、アメリカン、サラダ、最後にケーキ・プリン・アイスクリームです。まずメイン料理を取り、次々と4皿取り最後にデザート、お腹が破裂しそうで家に戻りました。

夜になって、胃がキリキリと痛くなってきました

しかし、その晩、寝ていたら、胃がキリキリと痛み出し、熟睡できないまま、朝になり、すぐ胃薬を飲みました。その後も胃の痛みは消えず、3日間ほとんど食べられない状態になっていました。こってりの中華,辛いメキシコ料理そしてアイスクリームと、つぎつぎと胃に詰め込んだのが悪かったです。わかっているのに、凄い食べ過ぎ!   若い時は何でもないのに、中高年になると胃の働きが悪くなって不調が起こるそうで、毎日3回もお世話になっている胃に気をつけなければと痛感しました。 

胃がん?胃潰瘍?とても心配になりましたが、どうも自律神経のバランスの乱れのようで、胃の働きは加齢によっておこる

胃の病気というと、胃がん、胃潰瘍が挙げられますが、今はピロリ菌の除菌が進んで、減少しつつあると国立国際医療研究センター消化器内科診療科長の秋山純一氏は言っています。ああ、ホッとしました。もしかしてと思い悩んでいましたから。秋山氏は夏は寝苦しさから睡眠不足になりやすく、それによって自律神経のバランスが乱れやすくなり、胃に影響が出てくるそうです。胃の働きは自律神経によって支配されるので、睡眠不足や、疲れで胃の動きが悪くなりやすく、特に加齢によって胃の働きは低下するので、気を付けなければいけないのですね 沢山の料理を見ると、つい全部食べたくなる性分、改めます。

運動不足にも気をつけましょう

ここカルフォルニアは気候も温暖で、夏は涼しく冬は暖かいです。特に夏は乾燥しているので,日差しは焼けるような強さがありますが、日陰に入るとスーッと涼しくとても過ごしやすい地域です。それでつい食べ過ぎてしまうんですね。 アメリカ人の肥っている人が多いこと,温暖な気候は、良いような悪いようなです。しかも移動はすべて車、運動不足なんてものじゃないです。で、私は毎日 30分は歩くようにしていますが、あまり歩いている人は見かけません。    これからは、ゆっくりとよく噛んで食べ、よく歩いて、胃に怒られないように気をつけます。