塩分やカロリーが気になるシニアの方に今「食宅便」が話題になっています!

塩分やカロリーが気になるシニアの方に今「食宅便」が話題になっています!
Pocket

塩分やカロリーが気になるシニアの方に今「食宅便」が話題になっています!

子育ても終わり二人だけの生活になると、食事の献立が負担になってくるシニアの方はいらっしゃいませんか。

以前は塩分やカロリーを気にせず好きなものを作っていたのが、最近は血液検査で医者からコレステロールが高いとか、糖が高いとか注意されると、これからはしっかり食事の管理をしていかなければと思うようになりますね。

そこで見つけたのが、日清医療食品の「食宅便」です。

日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1で、全国に約9,000人の管理栄養士、栄養士を擁するヘルスケアフードのリーディングカンパニーです。

美味しくてヘルシーな食事を、どうにかご自宅でも楽しんでもらいたいと始めたのが「食宅便」ということです。

自宅に届く「食宅便」は、冷凍のおかず7食セット。

1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成。

栄養価を考えながら、 少しずつ、こんなにたくさんのおかずを作ろうと思ったら、たいへんですね。

「食宅便」の日清医療食品。

それがレンジでチンすれば、いつでも手軽にいただけます。

塩分やカロリーが気になるシニアの方に今「食宅便」が話題になっています!

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ⇩

糖質を無理なく制限! 管理栄養士監修「食宅便 低糖質セレクト」

塩分やカロリーが気になるシニアの方に「食宅便」とは

「食宅便」日清医療食品は、日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1で、全国に約9,000人の管理栄養士、栄養士を擁するヘルスケアフードのリーディングカンパニーです。

商品開発には多くの管理栄養士が参画、栄養バランスに優れ、とても豊富なバリエーションのメニューが 自宅で手軽にいただけます。

自宅に届く「食宅便」は、冷凍のおかず7食セットもあります。

塩分やカロリーが気になるシニアの方に「食宅便」が今話題に!

1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成されT栄養価を考えながら、 少しずつ、こんなにたくさんのおかずを作ろうと思ったら、たいへんではないですか。

それがレンジでチンすれば、いつでもお手軽に食べられるなんて嬉しいですね。

必要のないときは食べなくても問題ないですし、 冷凍庫にストックしておけば、忙しくて買い物に行けなかったときや体調のすぐれないときも ジャンクフードではなく、栄養バランスのよい食事を摂ることができます。

塩分過剰は万病の元ともいわれていますね。

でも塩分を減らすことはとても無理!と思う方におすすめです。

長年主婦として頑張ってきた方には、食事の心配から解放され精神的にも楽になります。

定期便

塩分ケア おかず7食

塩分を摂り過ぎないようにしたい時におすすめのコース

しまった!頼み忘れた!がないように、毎週・隔週・月1回から定期的にお届けするコースです。不要な時はスキップが可能です。

シニアの方に今「食宅便」が話題になっています!

塩分ケア食は、種類も豊富で自分で作るより栄養も管理できて、しかも美味しい!と評判になっています。

またカロリーが気になる方におすすめコース。

定期便

カロリーケア1600 おかず7食

えっ!カロリーをコントロールしているのに揚げ物を食べていいの?と思わせるセットですが食宅便では食べていいんです!?

カロリーを抑えるために、まず思いつくのはてんぷらやとんかつ。

食べたいのを我慢する食事は、健康のためと思ってもイライラすることがありますね。

カロリーをコントロールしているシニアの方には、特におすすめの献立です。

その他、シニアの方におすすめしたい低糖質ケアのシリーズもあります。

レモンが香る鰈(カレイ)のムニエル
定期便

食宅便 低糖質セレクト

その他、ご自分に合ったコースがたくさん用意されているので、いろいろな食事を楽しみたい方にも好評です。

糖質を無理なく制限! 管理栄養士監修「食宅便 低糖質セレクト」

まとめ

塩分やカロリーが気になるシニアの方に今「食宅便」が話題になっています!

 食事宅配サービスというと、子育てが一段落したご夫婦が一気に簡素化するために考える方が多いようです。

いつまでも健康ではつらつとした人生を送りたいと思う方は、まず食事の管理を一番重視しています。

そんなときに利便性が高く、更に栄養バランスが優れている「宅食便」は、人気があがっています。

塩分やカロリーが気になるシニアの方に今「食宅便」が話題になっています!いかがでしょうか。一度試してみたい方お気軽に下記からどうぞ⇩



 

 

最初のコメントをしよう

必須